ニキビのできない肌にするために

思春期のニキビでも大人ニキビでも、できないに越したことはありません。
ニキビを作りたくなかったら、やっぱりお肌を整えることが大切です。
その日の汚れはその日のうちにしっかり落とす。落とした後は乾燥しないように保湿を心がける。この2つがとても大切です。
ニキビの原因は毛穴の詰まり。
毛穴の汚れや、詰まりやすい古い角質を毎日除去しておけばニキビはできにくくなります。
また、ニキビが気になるあまり洗いすぎると肌が乾燥し、それに驚いて肌の方が慌てて皮脂を過剰に分泌してしまうようになります。
そのために洗顔と保湿が重要なのですね。そのためには、お肌に優しい洗顔と、保湿力の高いコスメを使用するのがベストです。
ビーグレンのクレイウォッシュは、肌の潤いはそのままに汚れだけをクレイが吸着。毛穴の奥の汚れまで優しく洗い流してくれます。
皮脂の分泌が気になる場合には、それを抑える効果のあるビタミンCがたっぷり配合された美容液Cセラムが効果を発揮します。
自分のお肌の状況を見極めながら、これにプラスするローションをチョイスするといいですね。
ちょこちょこニキビができたり肌荒れしたりする場合は、グリチルリチン酸ジカリウム配合のクレイローションがお勧めです。